玄米がユメヲミタ

深呼吸農法

山燕庵

ぬか袋カイロワークショップの様子@日本百貨店てらす 

2016年03月08日火曜日

いつもお世話になっている日本百貨店さんのたまプラーザ店で、ぬか袋カイロのワークショップを実施させていただきました。
ぬか袋カイロは、レンジで温めるだけで何度も使えるカイロです。肩・首やお腹を温めたり、座布団にしておしりを温めたり。体の疲れていたり冷えている場所にあてると、優しい温かさがじんわり効いて本当に気持ちよいんです。中身は《煎り糠、塩、米、ハーブ各種》です。糠とハーブの心地よい香りでリラックス効果は倍増です!
 
IMG_9916
 
今回も多くの方にご参加いただきました。皆様本当にありがとうございます。
私の友人が、アイピローを作りに来てくれました。日々のデスクワークで目が相当疲れているそうで、瞳の癒しが欲しいとのこと。
 
まずはお好みの柄とサイズを選んでいただきます。今回はレギュラーサイズ、ミニサイズ、アイピローサイズをご用意しました。作業は、中身を入れて、ハーブを入れて、縫い口を縫うだけです。10センチ程度を往復して縫うだけなのですが、この時代針仕事をする事が少なくなってきていますので、針仕事はあまり得意ではないという方は正直多いです。というわけで、改めて縫い方を参加者の方にレクチャーさせていただく講師が付きます。講師は山燕庵の母が務めております。
 
IMG_9904
 
 
初めて指ぬきを使いながら、丁寧に縫っています。針仕事ってなんだか頭の体操になりそうですね。
 
IMG_9907
 
 
慣れてきたら、あとは本人におまかせ。
 
IMG_9906
 
 
右のお母様は、針仕事の大ベテラン。ものすごく綺麗な縫い口でした。ぬか袋カイロをとっても気に入ってくださって、「お友達にあげるわ。一人にあげるとみんな欲しがるから全員分作っちゃいましょう!」ということで、6袋をあっという間に仕上げてしまいました。さすがです。
 
IMG_9902
 
 
店内奥のテーブルで、みんなで楽しく針仕事です。
 IMG_9908
 
 
かんせーい!

早速温めて使っていただきました。「あー・・・めっちゃ癒される。」とのこと。後日、お家でも使ってくれているそうです。よかったよかった。私も家で使っていますが、ぬか袋アイピローを目に乗せて2、3分で、目元も頭もスッキリです!
 
IMG_9918
左がレギュラーサイズ。右がアイピローサイズ。
 
 
  
店頭での試飲販売会も開催させていただきました。この1年で、ずいぶん甘酒の認知率が高まったと体感しています。ただ、玄米の甘酒はまだ珍しく、多くの方々に興味を持っていただく事ができました。
 
次回は5月頃にぬか袋カイロのワークショップをこちらの店舗で開催する予定です。
乞うご期待!
 
 
IMG_9898

バックナンバー

土着菌を活用した完熟堆肥を使用

この度、ブログはリニューアルしました。
2014年2月より以前のブログをご覧になるにはこちら。

詳細はこちら