玄米がユメヲミタ

深呼吸農法

山燕庵

【田植えの準備】苗の箱だし

2014年04月09日水曜日

先週末に仕込んだ、稲の種。苗がしっかりと芽吹きました!!今回は、苗をしっかりと育てるために、育苗機から苗のパレットを運び出して、ハウスに並べる作業をしました。写真はお米の芽ですo(´∇`*o)可愛いですね。ちなみに育苗機とは、安定的に苗を発芽させてくれる機械のことです。
IMG_3402
 
まず、ハウスにビニールシートを敷いて、消毒をします。シートを敷かないと、苗の根っこが地面に根付いてしまうので、それを防ぐんです(´I `*)
 
IMG_3381

 
続いて、育苗機から苗が芽吹いたパレットを取り出す作業です。これが腰にキます!!私達を含めて、4件の農家さん達の全ての苗床があるので、かなりの数です。みんなで協力して運び出しますよー。
 
IMG_3441

IMG_3444
 
 
そしてハウスに並べる作業です。奇麗に並べないといけないので、しっかりとロープで縁取りをしてから丁寧に並べます。それにしても、地面に置いて行くので、いよいよ腰がッッ!!

 
IMG_3355

IMG_3362
 
IMG_3392
 

最後に、奇麗に並べた苗箱にシートをかぶせます。これには、保温効果と直射日光を避ける効果があります。水やりの際には毎回はがさなければ行けないので、これが大変なんです・・・。
IMG_3399
 
はい!これでようやくセッティング完了しましたー。ハウス2棟の床面びっしり、9人掛かりで並べました!苗は日差し、気温、水の過不足の影響ですぐにダメになってしまうので、ここからしっかりとした苗を育て上げるための管理が、米づくりにおいてはとーーっても重要な作業となります(。・д・。) その辺りの作業は、さすがに我々では細かいコツも分からず、責任重大なため、いつもお世話になっている農家のお爺さまにお願いしております。何卒よろしくおねがいいたしますーー!!!
IMG_3363

この写真の一番左の方です☆

バックナンバー

土着菌を活用した完熟堆肥を使用

この度、ブログはリニューアルしました。
2014年2月より以前のブログをご覧になるにはこちら。

詳細はこちら