玄米がユメヲミタ

深呼吸農法

山燕庵

追肥と梅の収穫

2014年07月30日水曜日

山燕庵の取り入れている農法の特徴として、稲穂の芽が出る直前に特別な肥料を追肥する行程があります。この「めぐみ」という肥料は、鶏糞、米ぬかと有効菌を完全発酵処理し、天日乾燥させて仕上げた高級なものでございます。この肥料は土中の余剰なカリウムをうまみである成分アミノ酸に変え、作物をおいしくしてくれるんです。さらに植物を丈夫にし、特に水稲の場合、台風や大雨の際に稲が倒れにくくなります。世の中には未完熟の肥料が少なからず出回っていますが、山燕庵では肥料の原材料、生産工程にもこだわっております。

こちらが「めぐみ」です。
IMG_4627
 
風圧で肥料を田んぼの真ん中まで飛ばす機械です。背負うと30kg程度。なかなかの重労働です。
IMG_4727
 
IMG_4724
 
稲もすくすくと成長してくれています(´ `)ノIMG_4689
 
 
お次は、農薬を使わずに育てている梅の収穫作業です。摘果や剪定などの作業が間に合わなかったので、出来を心配していたのですが、なかなかの実りとなりました。
IMG_4663

IMG_4671
 
梅の他に、プラムとソルダムも育てています☆いずれも摘果できなかったので、とんでもなく大量に実っています!
IMG_4674

IMG_4677

IMG_4678

IMG_4682
 
 
梅は梅ジュースにします。残った梅と、ソルダム、プラムは食べきれないので、おすそわけ用で☆
(‘∇’)/【梅】\(‘∇’*)ワーイ

バックナンバー

土着菌を活用した完熟堆肥を使用

この度、ブログはリニューアルしました。
2014年2月より以前のブログをご覧になるにはこちら。

詳細はこちら